スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ああ!
ちょっと昼寝してしまったら韓国ドラマを半分見逃してしまった!
今フジでやってるドラマ、主人公の一人の男の子の顔がらくだに似ていてかわいいの。なんちて!

9c327c71cd0f1ec0.jpeg

韓国ドラマって、わかりやすくていいですよね。勧善懲悪がはっきりしてる。
しかし実際に韓国って、金持ちの子供は嫌な奴だったり、お金のために人の命をなんとも思わない人がいたり、恋人たちは生き別れの兄弟だったり、親といえば先立ってしまったかひどいやつばっかりだったりするのでしょうか。すぐ病気になるし、心配な国だわ……。
でも、好きになってはいけないと自分に言い聞かすごとに恋に落ちていくというベタな展開は気になります。はーあ。

私、海外ドラマも好きです。やっぱり『コロンボ』とか(金曜ロードショーでよくやってましたが、テレビドラマなのです。向こうではテレビ映画というそうです)、『素晴らしき日』『天才少年ドギーハウザー』『マーフィー・ブラウン』またはホームズやポワロシリーズを放送してくれたNHKで私のこうした嗜好は育てられたのでしょう。
NHKはすごいですよ、国費でビバヒルとかの放送権買ってくれちゃうし、韓流ブームの火付け役『冬のソナタ』 (すでに香港などでは大ブームで、韓国には戸籍がないのか?疑惑も勃発していたという) を、これはブームになる!と、わざわざ衛星放送普及の一環で買い付けたそうです。相当の目利きがいますよね。少なくとも税金泥棒じゃない奴がひとりはいたと。

最近邦画だとドラマが当たれば (当たらなくても) 即映画化みたいな道筋がありますが、よくよく練らないと魅力半減になりますね。
テレビだとCMもあるし他にチャンネルを変えられるけど、映画だとできないし。
ハリウッドでも『SATC』が映画化されたものの、30分のドラマを2時間半やられるのはやっぱりしんどかったです。ビッグはそんなにいい男か!? と、キャリーを揺さぶりたくなる気持ちは思い出しましたけどね。でもハリウッド映画でテレビの続きがヒットしたのって初めてなんじゃないかな。いい気になって「2」も作りやがって、今から点数辛いぜ私は。
でもこの先『特攻野郎Aチーム』とか『ダラス』とかも映画化してくれるのはちょっと楽しみ。
特に『ダラス』! これも小さい頃NHKですごく遅くにやってたやつで、独裁的な親父のために我慢し続ける家族の愛憎もの!
もう妻は浮気してたわ期待の息子は隠れゲイだわで毎回毎回ハラハラさせるだけさせて、最終シーズンだけやってくれなかったやつなので、めちゃくちゃ楽しみです。

photo_dallas_jrr.jpg

ひどいんですよ、主要人物 (誰かは言いませんよ) が放火で殺されそうになって終わり。そりゃないでしょ。と長年思い続けていました。あーうれし。
やっぱり、海外ドラマの何がいいかって、あくの強い登場人物だと思います。登場人物♂全員を兄弟にする勢いの女とか、霊が見えたり、悪魔を退治したり、日本のドラマに足りないのはそこだなあ。
あ、だらだらしちゃいましたね。ではまた。

スポンサーサイト
[2010/03/26 08:40 ] | 映画 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。