スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
音楽熱
二回続けて音楽映画になってしまいます。
ま、いいでしょう。
オーケストラ!』 これもすごく良かった!

335957_100x100_006.jpg

ロシアがまだソ連だった頃、政府はユダヤ人排斥の政策をとります。
なんの落ち度もないユダヤ人の仕事を奪い (特に人に影響を与える芸術家) 、少しでも抵抗しようものなら収容所での強制労働が待っているという暗い時代でした。
由緒あるボリショイ管弦楽団にもその政策は施行され、ユダヤ人や彼らを守るために立ち上がった人々も解雇されてしまいました。
それから三十年。 かつての天才指揮者アンドレイは、いつかの復帰を夢見て劇場の清掃員として働いていますが、先は遠そう、というか無理そう・・・。 愛する妻と二人、日々やっとの生活をしています。
しかし偶然目にしたパリ、シャトレ座からの出演依頼に、アンドレイはある決心をします。 

かつてのメンバーでこの依頼を受けるのだ!!!

アンドレイはその決意をチェロ奏者だった親友サーシャに打ち明けます。
最初は無理だとはねつける彼でしたが、まず最初に劇場から自分たちを追い出した元支配人をマネージャーに据えたことでアンドレイの本気を知り、またその熱意に引き込まれ仲間集めに奔走するのでした。
この三十年の間、音楽を離れてしまった者もいた中、なんとか準備も整っていきます。
アンドレイがこだわったのは演奏曲をチャイコフスキーのバイオリン協奏曲にすること、ソリストはパリの人気奏者アンヌ=マリー・ジャケであること。
実はアンドレイには、楽団の再結成とは別に、ある目的があったのです。
果たしてアンドレイの本当の目的とは?
そして、かつては名奏者だったかもしれないけれども、音楽から離れていた仲間たちでの急ごしらえの楽団に成功はありえるのか?

335957_100x100_003.jpg

音楽で自分たちの名誉を取り戻すって、『ブラス!』とか音楽映画の王道だと思いますが、『ブラス!』とちょっと違うのは、アンドレイが一念発起するのは自分のこだわりを成就させたいというのがまずある、ということかな。
仲間たちも、自分たちがパリに出稼ぎに来た感覚で (就職先みつけてる人もいるし) 、人のために何かしたいと思ってるのって多分サーシャとアンドレイの奥さんくらいですよ。
人のために立ち上がったわけじゃないから、みんなてんでばらばら、練習はしないわ、肝心のコンサートにも来ようとさえしないわ。いったいなんなんだ!と呆れちゃうんですが、三十年も不遇な時を過ごしてたら、そうなっちゃうんですかね。 なっちゃうかもしれませんよね。
まあ三十年いろんなことがあったんだろうな、というのは演奏面でも発揮されてて、クラシック音楽を演奏しててもジプシー (今はそう言わないんでしたっけ) とか民族音楽の方がうまくなってるのか、面白い音の入れ方してたりしてます。 私でもわかる雑多な感じなので、多分誰が観てもわかると思います。
話は戻りますが、だから、なおさらこの人たちを結束させる理由に涙します。
とにかく、最後の演奏は圧巻。
チャイコフスキー協奏曲と言えば、バイオリニスト殺しで有名な難易度の高い曲ですが、出だしが最悪で音も狂ってるしテンポも悪い。 でもアンヌ=マリーのソロが入ってだんだんと音があっていくのです。
過去の悲劇や現在のみんなの不遇。 それらが演奏をしていく中で希望あふれる未来へと続いていく・・・。
ちょっと甘すぎですが、こんな時代だもん、夢見たっていいのです。
星2つ★★

335957_100x100_001.jpg

『オーケストラ!』 ★★

スポンサーサイト
[2010/05/28 12:33 ] | 映画 | トラックバック(0)
音楽の力
音楽って苦手でした。
音痴だし、おたまじゃくしも読めないし。クラシックなんか聴いたもんならすぐ夢の中なんじゃないかな・・・。
そんな私ですが、実は何年か前からピアノを習ってたりします。
自分が煮詰まってて、何か趣味を持った方がいいと思ったのです。
多分もう五、六年習ってますが、しかしまだ2ページ以上弾けません・・・。あれ?
こうなったら私と先生との持久戦です。

334577_100x100_003.jpg

のだめカンタービレ 最終楽章』観ました。
マンガは読んでたんですけど、テレビは観たり観なかったりだったのでどんなもんだろ?と思いましたが、面白かった!
このドラマでかかったクラシック音楽がものすごく流行ったというのがよくわかりました。イメージ映像じゃないですけど、音楽に合わせて花火が飛んだり、のだめや森の動物たちが踊りだしたり、すごく視覚的で、楽しさがわかりやすく伝わるのです。
後編でのだめが衝撃を受ける曲も、表現が変わっていたのわかりますか?(観てない人もいますよね) 最初は曲に出会えた喜びみたいなものが演奏中の映像で表現されてましたが、次はのだめが「自分でやりたかったことを別の人が多分自分より素晴らしくやっている」ということを目の当たりにして傷ついていく様子がわかるようになってます。
すごい! 受け止める側によって楽しくも悲しくもなるもの、それって音楽とかの面白さの一つでもありますね。
このことで、ピアニストになるべくパリに来て勉強しているのだめのプレッシャーは最高潮になってしまいます。
日本を離れて一生懸命ピアノを頑張ってるけど、いつまで頑張ったらいいの?と思い詰めてしまう。
ピアノに限らず、誰にも一度は心に芽生える他人への羨望、自分に対する焦り、それに向き合うことが唯一の解決法だというけれど、向き合うってどういうこと? それは・・・いや、やめとく。
のだめがちゃんと音楽とも千秋先輩ともさらに自分とも向き合ってるので、ぜひ観てください。
あと私は玉木宏がダメなんだけど、千秋先輩はかっこいいと思います。
これって恋? ではありません。
星2つ★★

20091007005fl00005viewrsz150x.jpg

『のだめカンタービレ 最終楽章』 ★★

[2010/05/20 16:47 ] | 映画 | トラックバック(0)
PRECIOUS
いいことないなあ、
ついてないなあ、
っていつも思ってるけれど、今まで私って切羽詰まる状況になったことってあるかな、と考えてました。
すごく辛かったり、悲しかったりしたことはあったけど、行き場なし!とは思わなかった気がします。
わー、今何を書いていいかわかりません。

プレシャス』を観ました。
予告を観たときからちょっと泣けたので、すごく期待してました。
期待ってやっかいなもので、しすぎるとかえってマイナスになってしまうものですが、今回は大丈夫でしたよ。

335599_100x100_001.jpg

物語は、多分ちょっと前のニューヨーク。
ハーレムに暮らすプレシャスは、母親と暮らす太り過ぎな黒人の女の子。貧しさや、母親からの虐待、数学はできるけど文字が読めないために自分をバカで何をしてもだめだと考えている彼女は、さらに実の父親との二人目の子どもを妊娠してしまい、学校を退学になってしまうのでした。もう、考えられる不幸が次々と彼女を襲います。
しかし、イーチ・ワン・ティーチ・ワンという代替学校に入学したことから、彼女のどん底の生活に光が見えてきます。厳しいけれど自分のことを考えてくれる先生や、個性的な友達。今までいなかった存在に勇気を得、勉強もできるようになっていくプレシャスは初めて自分の未来を考えるようになるのですが・・・。

335599_100x100_002.jpg

もう涙が出ます。
主人公がもうすごく太ってて顔も笑わないし、どうしようもない感じなんだけど、彼女を取り巻く環境が環境で、誰にも笑いかけられなかったら笑うことなんかできないよなぁと思いました。
私だったら・・・と思うようなレベルの不幸じゃないです。そんな不幸が襲う度に、きらびやかな空想に逃げるプレシャス。でも新しい学校で学んでいくことで、そうした空想がだんだん少なくなっていくのですが・・・。
もう隣の人が号泣するほどで、彼女はおしんを超えました。
主人公の女の子もすごいけど、悪魔のお母さんもものすごく恐ろしく、ほんの少しだけど哀れな感じがして、アカデミー賞を受賞したのもわかる気がしました。哀れと言っても許されない母親ですが。今年のアカデミー賞は主演助演と二人の母親が取ったわけです。全く別のタイプの母親ですけどね。
星3つ★★★にしたいと思います。

335599_100x100_006.jpg

生きてれば希望はあるなんて、そんなこと誰でも知っているはずで、それを忘れてしまったときや、いっぱいいっぱいになってしまうときが、長い人生できっとあると思います。
私はそんなときは立ち止まって深呼吸しました。
それでも気持ちは収まりませんが、やり過ごしてこれました。
人にこうしろああしろとは言えないけど、困ったり苦しかったら、誰かに助けを求められる人になってください。
あーもう今日はこれで・・・

『プレシャス』 ★★★

[2010/05/15 10:10 ] | 映画 | トラックバック(0)
こどもの日
は5月5日ですが、なんだか連休中ってずっとお子様さまさまな感じですよね。
いたるところに超音波を発する怪獣が現れて、油断ならない毎日でした。おまけに暑いですし。
だけどやっと冬物の上着とかをクリーニングに持っていけます。
また寒くなったとしても、雪が降らない限りもう着ない覚悟です。

シャッター・アイランド』を観ました。
脳の錯覚を利用! 二度観ないと解けない謎! とか期待しちゃいましたけど、まあこんなもんかという内容でした。
観る前は、意味がわかんなくてやはりバカだったと判明したらどうしよ、とか心配してたのですけど、終わったあとにまだこだわらなきゃいけない謎なんかありましたか? 誰か教えてください。私は気になりませんでした。

334301_100x100_005.jpg

物語は五十年代のアメリカ。
敏腕捜査官のレオ様が、ある孤島の精神病院から忽然と消えた女性患者の捜索に、新しい相棒とともに呼ばれるところから始まります。
その病院は、精神異常の凶悪犯の収容を目的にしており、行方不明になった患者も自分の子供たちを殺していたのでした。
密室であった病室から空気のように消えた女。なぜ、どのようにして女は消えたのか。捜査を進めていくレオ様たちですが、謎めいた病院の雰囲気や立ち入れない隠し事に阻まれ、なかなか進展しません。
実はレオ様は、ある男を探しにこの島にやってきたのでした。
その男が以前レオ様のアパートに放火したせいで彼は妻を失ってしまったのです。捜査が足踏み状態だと、その男を捜すのも難しくなります。どうやら男は、もっとも凶悪な患者が入れられている棟にいるらしいのですが・・・。
あ、また終わりまでざっと書いちゃうとこでした。
334301_100x100_019.jpg
この他にも、病院が人体実験をしてるんじゃないかとか、レオ様はなんのために連続放火殺人犯に会いたいのかとか、ベン・キングスレーが灯台にどうやって行ったのか、強制収容所のシーンとか、いろんな要素や謎がありますが、言えるのは二度観てまで明かしたい謎はありません、てことです。もちろん、突き詰めたい人もいるだろうけれども・・・。
俳優たちに関して言えば、割と地味な感じながらも悪くないと思います。
ただ、レオ様は汚いかっこをしても、タバコをいくら吸っても、きれいだしいい匂いがしそうなんで、ちょっと惜しかったですかね。次の『インセプション』に期待しましょう。
星ひとつで★

地味と言えば、反対に『NINE』なんかめちゃくちゃ派手だったけど、ちょっとあきちゃいますね。
ダニエル・デイ・ルイス(イイ男!)は、「少し仕事から離れようと思ったところにあんまり魅力的なオファーだったから出演を決めた」と言ってましたが(じゃ、あんたどれだけ休もうと思ってたのと聞きたくなります)、確かにフェリーニとかヌーベルバーグの監督たちを合わせたような主人公グイドと彼を巡る女たちの物語をミュージカルで、ってプロットが来たらすごく惹かれると思います。
でもなー、ニコール・キッドマンはドイツ人にしか見えないし、ケイト・ハドソンのおばさん化がショックだったので星ひとつです★

334837_100x100_003.jpg

今日は『ニューヨーク・アイラブユー』(星2つ半)を書こうと思ったのですが、やめました。
ビデオになったら観てください。
では~

『シャッター・アイランド』 ★
『NINE』 ★

(『ニューヨーク・アイラブユー』 2.5★)

[2010/05/06 20:51 ] | 映画 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。