スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
音楽熱
二回続けて音楽映画になってしまいます。
ま、いいでしょう。
オーケストラ!』 これもすごく良かった!

335957_100x100_006.jpg

ロシアがまだソ連だった頃、政府はユダヤ人排斥の政策をとります。
なんの落ち度もないユダヤ人の仕事を奪い (特に人に影響を与える芸術家) 、少しでも抵抗しようものなら収容所での強制労働が待っているという暗い時代でした。
由緒あるボリショイ管弦楽団にもその政策は施行され、ユダヤ人や彼らを守るために立ち上がった人々も解雇されてしまいました。
それから三十年。 かつての天才指揮者アンドレイは、いつかの復帰を夢見て劇場の清掃員として働いていますが、先は遠そう、というか無理そう・・・。 愛する妻と二人、日々やっとの生活をしています。
しかし偶然目にしたパリ、シャトレ座からの出演依頼に、アンドレイはある決心をします。 

かつてのメンバーでこの依頼を受けるのだ!!!

アンドレイはその決意をチェロ奏者だった親友サーシャに打ち明けます。
最初は無理だとはねつける彼でしたが、まず最初に劇場から自分たちを追い出した元支配人をマネージャーに据えたことでアンドレイの本気を知り、またその熱意に引き込まれ仲間集めに奔走するのでした。
この三十年の間、音楽を離れてしまった者もいた中、なんとか準備も整っていきます。
アンドレイがこだわったのは演奏曲をチャイコフスキーのバイオリン協奏曲にすること、ソリストはパリの人気奏者アンヌ=マリー・ジャケであること。
実はアンドレイには、楽団の再結成とは別に、ある目的があったのです。
果たしてアンドレイの本当の目的とは?
そして、かつては名奏者だったかもしれないけれども、音楽から離れていた仲間たちでの急ごしらえの楽団に成功はありえるのか?

335957_100x100_003.jpg

音楽で自分たちの名誉を取り戻すって、『ブラス!』とか音楽映画の王道だと思いますが、『ブラス!』とちょっと違うのは、アンドレイが一念発起するのは自分のこだわりを成就させたいというのがまずある、ということかな。
仲間たちも、自分たちがパリに出稼ぎに来た感覚で (就職先みつけてる人もいるし) 、人のために何かしたいと思ってるのって多分サーシャとアンドレイの奥さんくらいですよ。
人のために立ち上がったわけじゃないから、みんなてんでばらばら、練習はしないわ、肝心のコンサートにも来ようとさえしないわ。いったいなんなんだ!と呆れちゃうんですが、三十年も不遇な時を過ごしてたら、そうなっちゃうんですかね。 なっちゃうかもしれませんよね。
まあ三十年いろんなことがあったんだろうな、というのは演奏面でも発揮されてて、クラシック音楽を演奏しててもジプシー (今はそう言わないんでしたっけ) とか民族音楽の方がうまくなってるのか、面白い音の入れ方してたりしてます。 私でもわかる雑多な感じなので、多分誰が観てもわかると思います。
話は戻りますが、だから、なおさらこの人たちを結束させる理由に涙します。
とにかく、最後の演奏は圧巻。
チャイコフスキー協奏曲と言えば、バイオリニスト殺しで有名な難易度の高い曲ですが、出だしが最悪で音も狂ってるしテンポも悪い。 でもアンヌ=マリーのソロが入ってだんだんと音があっていくのです。
過去の悲劇や現在のみんなの不遇。 それらが演奏をしていく中で希望あふれる未来へと続いていく・・・。
ちょっと甘すぎですが、こんな時代だもん、夢見たっていいのです。
星2つ★★

335957_100x100_001.jpg

『オーケストラ!』 ★★

スポンサーサイト
[2010/05/28 12:33 ] | 映画 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。