スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
『華麗なるアリバイ』
ミステリの女王といえば、やっぱりアガサ・クリスティだと思うんですけど、彼女の作品は意外とフランスで映画化とかドラマ化されてるんですよね。
なんでかって、クリスティの作品には根底に愛憎があって、利益のための殺人にも必ず愛が存在するからだそうです。そういうのフランス人て好きそうですもんね(偏見)。
私が一番好きなのは『ナイル殺人事件』ですが、あれも利益のために自分を愛してくれてる人間を殺そうとするバカな男を愛してしまった女の話でした。

華麗なるアリバイ』は『ホロー荘の殺人』を元にしたものです。
予告でも言っていましたが、名物探偵ポワロが灰色の脳細胞を駆使して解決した物語なのに、ポワロは出てきません。
彼抜きで話を進めるので、より愛憎色が強まった気もするんですが、偶然居合わせて謎が明らかになるラスト(誰が居合わせたのかは秘密です)に物足りなさを感じるのはしょうがないかなと思いました。
20100426014fl00014viewrsz150x.jpg

上院議員の田舎の家に週末招かれたのは銀行員夫妻、若い作家の卵、議員の妻の姪、さらに銀行員の愛人の彫刻家だった。
姪は作家の卵を、作家の卵は彫刻家を、彫刻家は銀行員を愛していたが、家庭を壊す気のない銀行員は妻の手前彫刻家とは何の関係もないふりをしている。
それだけでも大変なのに、秘密のお客様として議員の妻が夕食に呼んだのはイタリアから来た女優だった。実はその女優に捨てられ、銀行員は浮気がやめられなくなったのだ。
二人の間にあるものに気づき、嫉妬心をむき出しにする彫刻家だったが、その夜銀行員は女優の誘惑に負けてしまう。
しかしそのことで、銀行員は女優への未練が今の自分にはもうないことを知るのだが、翌日彼は庭のプールで撃ち殺されてしまうのだった…
拳銃の音で集まった者たちは、そこに銀行員の死体と彫刻家、銀行員の妻の姿を見る。
妻の手には拳銃が握られて・・・。

あー、あんまりうまく書けないです。
銀行員役がランベール・ウィルソンで、私もあんまりフランス映画を観ないからか、彼はいつも浮気してる気がするのですが、気のせいでしょうか。
魅力があるから殺されちゃうんで、登場人物もそれに合う役者を選んでいるのか、全体的に地味な配役な感じです。
ミュウミュウとかテデスキとか、あんまり派手な感じしないですもん。
でも、地味だというとしっかりした映画と思ってしまう。そんなトリック映画でした。
星一つ★

同じクリスティ原作なら『ゼロ時間の謎』の方が面白かったです。
メルヴィル・ブポーとかキアラ・マストロヤンニとか、それぞれ派手な美男美女なのに、この二人がカップルになるとなんだか違和感があるんですよね・・・。
まあ、メルヴィルの執念には恐れ入ったし、崖登ってるの見られてた!とか、嘘だった!とか、どうして騙されるんだよ、と同い年のよしみでメルヴィルの肩を揺さぶりたくなります。
これは、星一つ半かなあ
それでも低い星なのでした。
ではまた・・・
20071031025fl00025viewrsz150x.jpg

『華麗なるアリバイ』 ★
『ゼロ時間の謎』 1.5★

スポンサーサイト
[2010/09/23 20:36 ] | 映画 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。