スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ラチエン通りにシスターがいる理由
ちょっと用があったついでに、茅ヶ崎に行ってきました。
海見たの三年ぶりで、興奮しました。
曇りがちだったので、寒かったけど、水面が波で白くキラキラしてきれいでした。
駅から歩くには遠くて疲れましたが、烏帽子岩初めて見れて満足です。

ismfileget.jpg

誰と行ったかと言うと・・・
言っていいのかな・・・
えーと、
一人です。
スミマセン。

なぜだー!!!と、喉から血が出るほど叫んできたので、きっといつか報われる日が・・・来ると・・・。

あ、今日節分ですね。
今表でホラ貝吹いてる団体がいます。
旧暦ではお正月です。
豆まいたり食ったり恵方巻き食ったりして、皆さんの周りからも中からも鬼を追い出しちゃってくださいな。

グリーン・ホーネット』、オリジナルが観てみたくなりました。
ミシェル・ゴンドリーでいい!と思ったのは『エターナル・サンシャイン』 (文句なくいい!)と、『恋愛睡眠のすすめ』だけで、いつも思うのは、誰か別の人にストーリーを練らせろということです。
とっかかりはおもしろいのに、途中あきちゃうのです。
今回も眠たくなりました。

GreenHornet_img2.jpg

大新聞社の御曹司バリー・リードは、偉大すぎる父親にかまってもらえずに育ち、立派な放蕩息子になったが、そんなある日父親が蜂に刺されて急死。 いきなり社長になってしまう。
が、それも名ばかりのもの。 やることのない彼は、天才メカニックである運転手カトーを相棒に、町の正義を取り戻すヒーローになろうとするが・・・。

どうですか、あきそうでしょう。
おもしろくないわけではないんですけど・・・。
主演のセス・ローゲンがまだ30前なのに驚きですが、てことはカトー役のジェイ・チョウと同い年くらいなんですかね。 うわびっくり。
もとはニコラス・ケイジとチャウ・シンチーがコンビだったみたいで、でもケイジはこの役には年食いすぎな感じなんでやらなくて良かったかもしれないですけど、代わりにセス・ローゲン・・・、老けてますよね。
チャウ・シンチーのカトーはすごく見たかったし、本人が撮るとかいうのも聞いていたから降板した時は残念でしたが、ジェイ・チョウがかわいかったからよしとしましょう。 えへへ。
キャメロン・ディアスもかわいかったし、悪役のあいつも英語ちゃんと喋れるようになったんだなと感心しましたし、キャスト的には文句ないです。
撮り方だってやはりミシェル・ゴンドリーはすごいなと素直に思いましたが、それだけじゃおばちゃん二時間も興味続かんのよ・・・。
星一つです★
337723view011.jpg
最後のジェイ・チョウの歌がかっこよかったですね。
ジェイ・チョウの歌ってアレンジが小賢しいっていうか、今回もピアノのとこで、おお~!となりました。 良い方が大きいけど、悪くも小賢しい感じだぜ。
また本編にジェイムズ・フランコがカメオ出演してて (皆さん、ここ数年が彼の男っぷりのピークですよ!) 、それがクレジットになかったところにも監督の小賢しさが見えちゃったりして。 ん?私が読めなかっただけでしょうか。

ところで、アカデミー賞監督賞にクリストファー・ノーランがノミネートされていないのが、なんか意外でした。
インセプション』て2D映画なのに3Dになってませんでしたか?
その表現力を無視するのか・・・と思います。
まあ、またいいもの撮れそうな監督だからあえてはずしたのですかね・・・。
『グリーン・ホーネット』も2D観てても3Dに見えるところがあります。
3Dすごいんですけど、2Dの方が明るくて色がきれいに見えるから私は2Dのがいいな。
ではまたー

『グリーン・ホーネット』 ★

スポンサーサイト
[2011/02/04 10:53 ] | 映画 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。