スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ウッドストックがやってくる!
大震災から二週間が経ちました。
被害に遭われた方たちのことを思うと、本当に今自分が何をやるべきかわからなかったので、私も大人の千羽鶴を飛ばしてみました。
微々たるものだと思いますが、お悔やみと「がんばって欲しい」という気持ちが届いてくれるといいです。
まだ余震が続いたり、停電があったり不安は晴れません。
でも、なんとか今を乗り越えて、今日の経験を次に生かせられるようにしていきたいです。

こんな時に映画の感想もどうかな・・・と思いますけど、とりあえずでも普通に戻ろうということで一本だけ。

ウッドストックがやってくる!
ちょっと前に観たんですけど、監督のアン・リーはもうすっかりアメリカナイズされたなと感心した作品。

taking_woodstock_poster_2.jpg

アン・リー監督は台湾出身ですが、私台湾映画って割とあっさり描くイメージがあったんですよ。
あっさり描いてそこからドラマチックな感情を読みとらせるというような。
でもアメリカではそれだと通用しないと、ふくらましてふくらましてわかりやすくしたのが『グリーン・デスティニー』で、あそこまで物語をふくらましてやっと、秘めたる思いの美しさ、東洋の様式美がアメリカ人に伝わったのではないかと思うんです。
アン・リーは海外に出て、万人に全て伝わらなくても、伝えようとする姿勢、表現の努力を学んだんですね。
わかりやすさと言うのかな。

さらに『ラスト、コーション』は、大義のために身を汚す女性の気高さとか、それなのに敵との体の関係を続けていくうちに気持ちが引きずられてしまう心、それを引き立たせる清らかな初恋・・・と、ヒロインひとりを取り上げても、ひねらず、どストレートに描くことで、人の共感を得て、エロスというよりそちらの方が評価され、トニー・レオンやタン・ウェイは、インディペンデントながらもアメリカの賞レースで主演男優賞、女優賞にそれぞれノミネートされてました。
すごい!

それはさておいて、『ウッドストックがやってくる!』は、主人公を取り巻く環境全てギャグなのか?的な八方塞がりの中、万に一つのチャンスをつかんだ奇跡の物語で、進んでいくうちにシンプルな話がふくらんでふくらんで破裂した! という感じが面白かったです。
あ、物語は、都会で夢敗れて実家のぼろモーテルを手伝っているデザイナーの青年 (ゲイ) が、あまりにぼろすぎなのに、両親が何かと客からぼったくろうとするため寂れに寂れ、夏が終わる前に銀行につぶされてしまうという悲劇的状況にめげず、なんとかしようともがくうちに、野外ロックフェスティバルの開催をこぎつける。
これが後に伝説になるロックフェス、ウッドストックになるというお話。

woodstock_01.jpg

主人公がゲイであるとかではなく、人が何か (世の中でも自分自身でも) を変えたいと思った時に、乗り越えなくてはいけない壁を「乗り越える」んじゃなくて「壊してみました」みたいな感じがしました。
がんばる以上に偶然の強さとかうねりとか、そうしたものがないと世の中一ミリも変えられないということ。
ポール・ダノの白痴的ラリ顔は必見ですが、彼が主人公ではありません。
星3つですね★★★

それではまた来週。

『ウッドストックがやってくる!』 ★★★

スポンサーサイト
[2011/03/25 11:05 ] | 映画 | トラックバック(0)
地震が・・・
すごく揺れてましたが、皆さん大丈夫でしたか?
うちのテレビが危うく落っこちそうになって、ものすごく動揺しました。
唯一の財産だし。 テレビなかったら人生なんも楽しいことないです。
こんなに大きい地震は初めてなので、今まで地震に対してここは平気みたいに考えてましたが、実際怖いし、全然平気じゃないなと思いました。 災害グッズ、買わないと・・・
今明け方なのにまだ揺れてます。

今日、なんか書こうと思いましたが、すべて飛んでしまったのでまた来週にします。
来週地震ひいてますよね・・・
皆さんも気をつけてください



( 以下、知人のYさんからもらったのですが ↓ )


地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
ヒール履いてる人は折る!
食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。
火事などの2次災害に注意!
パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで 「落ち着いて!」 と叫ぶ。
ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。 火傷したら広がるから。
あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。
安否確認はダイアル171
できるだけ安否確認で電話は使わないで! 救急ダイアルが混乱するから。

< あったらいいもの >
お金

ペンライト
お菓子
携帯
応急セット
ハンカチ
ティッシュ

被災者のために持っている情報を無駄にしたくないので日記にコピペして拡散してもらえると助かります
テレビのむこうだけをじっと眺めているだけではいけない。


<追記>

屋内の場合
●家の中
・テーブルの下にもぐる (無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない。
・火の始末はすみやかに。
●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。
●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。
●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。 避難は階段で。

屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。
●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。
・避難するときは、キーをつけたままに。
・車検証や貴重品は携帯する。

お願いします

[2011/03/12 13:34 ] | 映画 | トラックバック(0)
恋とニュースのつくり方
また急に寒くなりましたね。
毎年のことですが、暖かくなったなと思った次の日に雪が降ったりすると、努力が水の泡になった気がします。
その落胆から風邪ひいたりするんですよ。 なんの努力もしていない私が。 ははは。

こないだからずっと観たかった『恋とニュースのつくり方』観てきました。
いやあ、期待した以上に良かった。楽しかったです。
キャスト的にレイチェル・マクアダムスとパトリック・ウィルソンてなんか地味な二人ですが、脇役がハリソン・フォードにダイアン・キートンと超豪華。 ギャラ的にも主役二人よりはるかに多くもらってるんだろうけど、その分働かされてる感じがして余計笑えました。

m_KoiNews_01.jpg

ローカル局で朝のニュース番組のプロデューサーをやっているベッキーだが、ある日突然リストラされてしまう。
なりふり構わずの転職活動の末、なんと全国ネットの朝のワイドショーのチーフプロデューサーの職を得るが、視聴率はどん尻、司会の二人は自分勝手と問題山積みの仕事だった。
ベッキーは初仕事として、よりダメな司会をクビにする。
しかし、後任の男性司会者選びは難航。
そこでベッキーは、こだわりが厳しすぎてニュース番組から閉め出されていた伝説のキャスター、マイク・ポメロイに白羽の矢をたてるのだが、彼が簡単にうんと言うはずもなく・・・

ダイアン・キートンて、インテリぶった尻軽なイメージで、私は嫌いだったんですけど、今回のワガママな司会者コリーンは良かったです。
最初はやっぱり、エセ文化人の尻軽のなれの果てみたいな感じなんですが、ちゃんと打ち合わせには出てくるし、もっとめんどくさいマイクの出現で彼女の嫌なところが薄まって、さらに着ぐるみまで着てがんばってるところまで見せられたら、素直に負けを認めようと思いました。 今回は。

338120view008.jpg

ハリソン・フォードも、全くの脇役。
多分『ワーキング・ガール』以来の軽い立場の役をすごく楽しそうにやってました。
若い奥さん (あ、彼女もインテリの尻軽) に感化されたのか、最近は主役にこだわらないというようなことを言っていましたが、もうこだわれないと言うか、外見はそれほどじゃないけど、すぐ息切れしたりするところに老いが見えて、それはハリソン自身が自覚してることなんだな、と思いました。
なんだか寂しいな。

ところで『きみがぼくを見つけた日』に号泣した私としては、あの作品が興行的にイマイチだったのが残念で、『きみに読む物語』も良かったけど、全編にレイチェル・マクアダムスの地味なかわいさがはじけた映画が成功してくれたらなっていうのがありまして、でも今回すごく内容に満足しましたので、これがあんまり入らなくてももういい気持ちなんですけど、やっぱりみんなに観て欲しいな。
ラブコメ好きなら観ないと一生損をしますよ。

女が仕事にのめり込みすぎるとひいちゃう男が多い中、仕事中毒の彼女を好きでいてくれるパトリック・ウィルソンとか (王子様か・・・) 、いろいろファンタジーの要素はあるのに、嘘臭くないまとめ方なのは、やっぱり監督、ロジャー・ミッシェルの力。
世界的に有名な女優が軽い気持ちでもてあそんだ本屋の主人の誠実さにかなりだいぶ後になって気づいてよりを戻す『ノッティング・ヒルの恋人』で、女優が嫌な女にならない魔法を使った人であり、『Jの悲劇』で、原作では壊れてしまったままの恋人たちの愛情を再生させた人でもあります。
この人だけでも安心なのに、さらに製作は『Lost』のJJエイブラムスですよ。 この意外さ!
観て欲しいなあ。 ダイアン・キートンの着ぐるみも。
星3つです★★★

いろいろ誉めましたが、この映画で一番心に引っかかるのが、ジェフ・ゴールドブラムのいい男度。
彼、若いときは油ぎってる感じでしたけど、今すごくいいですね。
彼も次々と若い恋人を作るので有名ですが、なぜ今もてるのわかる気がします。

f0b774287d16391078849b9f5c256a50.jpg

まとまりがないですけど、ではまた来週ー

『恋とニュースのつくり方』 ★★★

[2011/03/04 10:43 ] | 映画 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。