スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
おとなのけんか
ロマン・ポランスキーの新作、「おとなのけんか」を観てきました。
最近なかなか忙しくしていたので、映画どころかどこにも行けず、やっと観た「ヤングアダルト」に嫌な気持ちにさせられたけれども、その後に観ました。

まずは「ヤングアダルト」

visual.jpg

もー、「マイティ・ジョー」であのフレッシュという言葉を体現するような美しさで輝いていたシャーリーズ・セロンが、痛すぎて・・・。
ドラマの「最後から二番目の恋」もそうなんだけど、年をとるのは嫌だなあと思わせるのが、最近多すぎなんですよ。
昔の恋人から子どもが生まれたメールを読んで彼は不幸だと勝手に思い込んで田舎に帰るのも狂ってるし、自分勝手して傷ついて、すぐまた勝手に他人を下に見ることでプライドを取り戻して・・・。
痛いし、嫌な女でした。 いくらシャーリーズ・セロンと言えど許せません。
あの女、始めと終わりでなんも変わってないじゃんか。
年をとるのは素敵なことです、みたいなこと誰か見せてくれよ・・・。

一方、「おとなのけんか」は、面白かった!

20120309225439.png

ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、ジョン・C・ライリー、クリストフ・ヴァルツと全員が演技派とされるメンツで監督がポランスキーなわけだから失敗するはずない作品なわけですが、それにしても面白かったです。
子ども同士の口論が大怪我を負ってしまうけんかに発展してしまい、双方の両親が話し合うことに。
怪我を負わされた親は被害者ぶらず、暴力を振るった方の親は率直に謝罪の意を示すが、帰るきっかけを逃すうちにどんどん本音が出てしまい、さらには子どものけんかとは全く関係ないことで言い争うように・・・。
ほとんど4人しか出てないので、演技合戦がめちゃくちゃ激しく、観ていて面白かったです。
すいません、深いことが今考えられなくて、うまいこといえないのですが、星3つでお願いします★★★

わ、まとまりませんが、また今度で!

「おとなのけんか」★★★
スポンサーサイト
[2012/03/26 09:15 ] | 映画 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。