スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
あちー・・・
なんだか急に暑くなってきましたね。
ちょっと前は寒すぎたから、これが普通と言えばそうなんだけど、暑くて溶けそうです。しんどーい

グリーン・ゾーン』をやっと観ました。
面白かったと言うか興味深かったです。
アメリカが航空機テロのあと、イラクに侵攻したきっかけは大量破壊兵器をイラクが隠していたという情報だったはずですが、実はそれが一部の国家上層部によるねつ造だったことをひとりの兵士が暴いていく・・・というような内容でした。
ボーン・シリーズ』の後半二作の監督主演コンビの最新作は、期待した以上によくできていて、今さら感満載な題材をうまく描いているように思います。

336109_100x100_002.jpg

イラク、アフガン侵攻が、アメリカにとって最初は聖戦だったはずだったのに、どこを探しても肝心の兵器は出てこず、歓迎ムードからだんだんイラク国民に反感を持たれていく中で、目的を見失っていく兵士たちは「情報は嘘だったのでは?」という不安の中にいました。
マット・デイモン大尉が軍の上層部に疑問をぶつけても、命令に疑問を持つなと言われ、逆に行動が遅いからと責められます。

336109_100x100_007.jpg

こういった現場から出てきたヒーローによって、真相は明らかになっていくわけですが、自分たちに都合のよい嘘を望んでいたのはアメリカ政府だけじゃなく記者や国民、さらにはあのテロに衝撃を受けた世界中の人たちもそうだったんじゃないかな、と思いました。
NHKでイラク侵攻の記者会見を見た時に、サダム・フセインて悪い奴だ、イラクって悪い国なんだと私は思いましたし、あの時に会見した報道官も作戦隊長も自分たちは正しいことをしてると信じきっていたように見えました。
世界中で犯人を、悪者をはっきりさせたかったし、まさか後から石油とかいろんな利権のためにやっていたなんて思わなかった。
じゃなかったら、ジャーナリズム精神を尊ぶ一流紙の記者が、なんの裏付けもなく政府高官からの情報を記事にするなんて有り得ないし、だいたいそんな情報を鵜呑みにして先進国が戦争をしかけるなんてどうかしちゃってる話ですもんね。そんな判断が狂うくらいの衝撃だったわけです。
でも、そんなこと今も行われてる戦争の言い訳にはなりません。
事が明らかになっても戦争は終わってません。無駄なことさせやがって、て思う人もいるでしょうが、これからは新聞や国の言うことを丸呑みしないように自分の考えが必要になる時代なんだと思いました。
アメリカ人はこの映画にこめられた自虐的な思い、わかってんのかな。
水を止められて苦しんでるイラクの人たちの国の真ん中で、プールで楽しめる感覚がよくわかんないですし、あれ現実の話ですよ。
信じた方がアホだったかもしれないけど、罪はあります。
ということで星一つ半。

336109_100x100_005.jpg

『グリーン・ゾーン』 1・5★

スポンサーサイト
[2010/06/24 20:38 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/22-dace6ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。