スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ついつい
引きこもり状態になってしまいました。
暑いから表に出るだけで溶けちゃうんだもの。
さらに、クーラー我慢してたら熱中症みたいになって、扇風機で命も飛ばされそうになり、やっとつけたクーラーでなんとか寝れますが、具合が悪くなってきちゃって・・・。
毎年のこととはいえ、しんどいですなあ。
まあ、怠け者の戯言です。 すいません。

先日、昔の仲間が亡くなりました。
本人にとっても周りの人たちにとってもいろいろ不本意なことだったので、まだ私も消化できてません。
彼のお母さんから手紙をもらいました。 改めて本当にいろいろ考えさせられましたが、一年以上会っていなかった私がこんなとこで何を言うものでもないですね。
彼の四十九日がもうすぐだったのでそれに合わせて返事を出し、お花を届けてもらおうとしたところで気づきました。 その日は父の日でした。
初めて怒りました。
Jの悲劇』は彼がすごく良かったと言っていた映画です。
あ、原作貸すよーと言ったまま忘れてたこと今思い出しました!
あー、原作読んでほしかったな。 今さらながらな話ですが・・・。

3a10f2c6328ab03c.jpeg

大学教授のダニエル・クレイグ (007になる前の髪が茶色くて渋い) は、恋人で彫刻家のサマンサ・モートンと平和に暮らしています。
ある日ピクニックに行った先で子供一人乗った気球が飛び去りそうになる場面に遭遇してしまいます。
ダニエルは居合わせた男たちと、なんとか気球を地面に戻そうとするのですが、叶わず、気球は彼らの一人をぶら下げたまま飛び去ってしまうのでした。
この事件をきっかけに、ダニエルは心に何か欠けたものを感じ、サマンサとの関係にも影がさしてしまいます。

322920_100x100_005.jpg

そんなとき、気球事件に居合わせたといってリス・エヴァンスがダニエルを訪ねて来ます。
他の人たちはあの事件についてどう感じているのか知りたかったダニエルでしたが、リスはだんだん彼につきまとうようになるのでした。
そもそもリスは本当にあの事件に居合わせたのか、彼らの生活に入り込もうとする目的は何なのか・・・。
というような内容です。

322920_100x100_003.jpg

つぐない』のイアン・マキューアンが原作で、罪悪感にとらわれてしまった主人公を巡るサスペンスです。
気球から手を放してしまった主人公は、その時人を見殺しにしてしまったという観念にとらわれながら遠く離れていく気球を見つめています。
しかし、手を放さなければ気球にぶら下がり、自分の体重を支えきれずに落下してしまう。 実際手を放さなかった男は、そうなってしまった。 しかも、何もしなくても気球は無事に地面についたという事実・・・。
いくつもの衝撃が主人公の心を壊していくのですが、気球のシーンを何度も挿入することで、どんなに主人公が傷ついたかを描いてて、今見直しても傑作だと思いました。
星2つ半。

彼のことはずっと覚えておこうと思います。

『Jの悲劇』 2・5★

スポンサーサイト
[2010/07/09 10:27 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/24-8d72f272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。