スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
『ゾンビランド』
阿佐ヶ谷に串揚げの店があって、六十くらいのご夫婦がやってる小さい店なんですけど、ここなんか居心地いいんですよね。
味はまあ揚げたてなんでもちろんおいしいです。
が、それより10時過ぎるとお客がパタッとやんで今までのお客も帰りだし、半過ぎてまだ帰る気配がないとなると、途端におばさんがイライラしだして面白いです。多分疲れちゃうんでしょうね・・・。
そんなおばさんに頼むビール、うまいですよー。 あはは。 終わりの時間書いてないのが悪いんだもんね。
去年先輩の友達に連れてきてもらってからのつきあいですけど、また行こうっと。

335210_100x100_004.jpg

ゾンビランド』夏っぽくて、面白かったです。
走れるゾンビ、怖いです。
イカとクジラ』で自身のアイデンティティに悩むティーンエイジャーの息子を演じたジェシー・アイゼンバーグが、ウディ・ハレルソンやらビックリゲストを抑えて主演してます。
いつまでも悩めるティーンエイジャー・・・。 ティーンじゃないけど。

335210_100x100_001.jpg

ゾンビウイルスにやられゾンビだらけになったアメリカは今やゾンビランド。
ゾンビにならないために自分で作ったルールを忠実に守り、数少ない生き残りとなった青年コロンバス(アイゼンバーグ)は、故郷コロンバスを目指していた。
途中ゾンビ撲滅を誓う男タラハシー(ハレルソン)と出会う。
意気投合したわけではなかったが、男の行き先タラハシーがコロンバスと同じ方向だったことから一緒に旅することに。
順調に東へ向かう二人。 しかし詐欺師姉妹のウィチタとリトルロックに車と武器を奪われ、復讐に燃えるタラハシーは新しい車と武器を手に姉妹を追いかけるのだった。
その頃姉妹はゾンビがいないというハリウッドの先の遊園地パシフィックランドを目指していた・・・。
映画と同じ長さ、話しちゃう感じになってきたのでこの辺にしときます。

335210_100x100_008.jpg

面白い!!
ただのホラーコメディではなく、ちゃんと青春映画としても成立してます。
既存社会が崩壊してしまった後の世界。
彼らはしかし今までの常識に基づいた生活をしてますが、本名を名乗りあいません。 もうそんなこと教えても仕方ないし、なかなかのんきに旅してるように見えながらも、実は命がけの毎日、そんなすぐに信頼しあえませんもんね。
けれども旅をしていくうちに、次第に打ち解けあい、仲間になっていくさまは正しいロードムービーです。
特に、こんなことにならなきゃ引きこもりのままだった青年コロンバスが、こんな状況だからこそ恋をし、好きな女を助けに行くと行動できるようになる。 親が見てたら涙ものですよ。
あー、こう書くとなんとありきたりな展開。
でも、ありきたりでいいんすよ。
付け足しですが、リトルロックのアビゲイル・ブレスリンちゃん。 まだかわいいなあ。
ビックリゲストは、観てビックリしてください。
とにかく暑いうちに観るべしです。
それじゃまた。 星2つ★★

335210_100x100_006.jpg

『ゾンビランド』 ★★

スポンサーサイト
[2010/08/05 20:58 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/28-9cc8cd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。