スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
『瞳の奥の秘密』
瞳の奥の秘密
先週書こうと思ったんですけど、すごく混んでる印象が強かったので、なんかそれだけでいい映画観たな!という感想にいたりそうなんで冷ましてみましたが、やはりいい映画だと思います。
今年のベストに入ると思います。

337041_100x100_001.jpg

1974年ブエノスアイレス。
結婚間もない女性が自宅に一人でいるときに襲われ惨殺されているのが発見される。
刑事裁判所で補佐官をしていたベンハミンは、乗り気でないながらも調査に赴くが、あまりに凄惨な現場につい事件に引き込まれてしまうのだった。
ちょうどその頃赴任した若く美しい上司イレーネに心惹かれるベンハミンだったが、彼女との階級の違いになかなか踏み込むことができない。
その気持ちのやり場を外に向けようと、同僚の飲んだくれパブロと共に事件捜査に乗り出す。
すぐに容疑者が捕まるが、それは裁判所のライバルが出世のためにねつ造したということがわかり、より一層事件に執着していくベンハミンら。
被害者の夫との会話から容疑者が判明するが、タッチの差で逃がしてしまう。
許可の出ないまま勝手に容疑者の実家に押し入り、男からの手紙を押収するベンハミンだったが、それが元でもともと証拠の乏しかった事件は捜査を中止せざるを得なくなるのだった。
それから一年、偶然被害者の夫と再会したベンハミンは、毎日違う駅で容疑者を待つという夫の情熱にうたれ、事件の再調査をイレーネに申し込むが・・・。
というのが、25年前の事件で、刑事裁判所を退職した現在のベンハミンが、そのことをもとに小説を書きながら過去と向き合い自分の中でだけでも決着をつけようとするというのが筋書きですが・・・いや、書ききれない。

337041_100x100_010.jpg

昔の映画みたいな、なんかもったりした撮り方してるんですけど、ところどころに笑えるところがあったり、過去と現在のシーンがフェードアウトでしきられているからか、長さの割には飽きないですし、ついつい物語に入れ込んじゃうので、最後のめくるめくシーンの羅列に感情がゆさぶられてしまうというか・・・
ベンハミンは見た目いい男なんだけど、いい年してバレバレの片思いして、その相手からあんなに促されてるのに告白できなかった中年(40にしか見えないし、イレーネの若作りはキツい・・・)で、思いを言い出せなかったくせしていまだに彼女に対して未練があるということを書いた小説を、何十年ぶりかに彼女を訪ねて読ませるという、シャイなんだか図々しいんだかわからない男ですね。
煮え切らないロマンチスト。 でも言ってみれば、腐敗した政権下で殺人者が野放しにされ、自分と間違われて友達が殺されてるというのに、そんなことに躊躇うなんてのんきな奴ですよね。 彼を狙う殺人者や妻を殺された夫のほうが、よっぽど切実で事態を理解している。
死刑には反対であるということにベンハミンと夫は意見を同じくするけれど、その中身の違いにあののんき男がやっとわかった時に、私も驚愕してしまったのでした。 ああ、私も部外者だったのです。
話は戻りますが、お互い相手が気持ちを言ってくれるまで待ってたらすごい時間経っちゃってましたね。 私はそんなに待てなかったので、もったいないから自分から言うことにしました。 てへへ。
しかし、あんな衝撃を受けて結局それか!と思わないでもないラストがちょい損してるかなと思ったのでした。
星二つ★★
ではまた~

『瞳の奥の秘密』 ★★

スポンサーサイト
[2010/08/26 16:57 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/31-efed2411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。