スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
喉元すぎて
暑すぎて表に出る気になれず、ほんとビール買うくらいしか外に出なかったりして、そろそろ西友にも飽きてきた今日この頃。昨日の台風のおかげでやっと昼間外に出ました。でもずぶ濡れ・・・

ぼくのエリ 200歳の少女
これタイトルがいいですよね。なんかの歌みたいで。
いじめられっ子の少年の家の隣に引っ越してきた少女マリ。
夜の公園で知り合った二人は急速に惹かれあっていくが・・・。
335935_100x100_007.jpg

マリには最初お父さんのような面倒をみてくれるおじさんがいるんだけど、彼女の世話のための献身さをみても、二人の間には保護者と言うよりもっと違った愛情があるような気がします。まるで恋人みたいな、夫婦みたいな。
そんな雰囲気を持てる12歳くらいの少女。お前はナタリー・ポートマンか。
要するにマリは吸血鬼なんです。見かけは子供だけど、中身は200歳くらい。
そんなマリの不思議な魅力に、老若男女が引き込まれちゃいます。
いじめられっ子の鬱屈した毎日に、そんな女の子が登場したらそりゃあ好きになっちゃうよなあ、という納得のシーンの連発。
意外なところで見せるマリの愛情表現。少年に対してじゃなくて申し訳ないのですが、特に自ら「身元不明」になったおじさんに会いに行くシーンは、すごく印象的です。
どの場面も雰囲気があって、いいなと思いました。最後のプールの場面なんか印象的だしマリの激しい愛を感じるのですが、なんだかんだで最終的に少年があの「保護者」おじさんになる未来が見えて、どうなのかな・・・という気になりました。
これはでも、すごくはまる人がいると思います。
星一つ半。
335935_100x100_005.jpg


シュアリー・サムデイ
小栗旬初監督作で、よくまとまってると思いました。
いつもついイラついてしまう小西真奈美のウイスパーボイスも初めて魅力的に思えましたし。
ただ、バンドの曲があれだとなんか爆発的な勢いに欠けちゃうから、ロックにしてくれたら良かったのと、結局のところ主人公たちが空回りしちゃったような結末だったのが残念でした。
69』にすごくインスパイアされちゃってんのはわかるんだけど、あれはこの十年で一本あるかないかの青春映画なので、なかなか越えられないと思います。が、やろうという試みは大いに評価したいですし、『キサラギ』とか面白い映画に参加してきた小栗旬のキャリアとセンスが感じられて、次回作が観たくなりました。
星は一つ半です。
335550_100x100_001.jpg

午後の紅茶のピーチのやつ、初めて飲みました。
うまかです。
爽やかな気持ちになります。
ではまたー

『ぼくのエリ 200歳の少女』 1.5★
『シュアリー・サムデイ』 1.5★

スポンサーサイト
[2010/09/10 10:27 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/33-275bf785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。