スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今年もコナンは超人的
ゴールデンウイークももう終わり。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今年は震災の影響で、近場で遊ぶのが多かったようですが、確かにいつもより町が混んでいたようです。
おら田舎者なんで、もー祭りみたいな人出に気後れしてもうて、えらい疲れただよ。

で、今週は、先週の『クレヨンしんちゃん』に続いて『名探偵コナン 沈黙の15分 (クォーター)』を取り上げようと思います。
最初に言いますけど、コナンはオリンピックにでた方がいいですね。
国母君なんか目じゃないし、いや、もしかしたらあのショーン・ホワイトよりすごいことができちゃう気がします。
国益のためにぜひ頑張ってもらいたいな。

今回のコナンは話がでかいですよー。
今世の中すごいことになっているので、なんだか心配な心持ちになってしまいます。

konan.jpg

東京の地下鉄の開通イベントに出席する都知事のもとに届いた脅迫状。
目暮警部以下が当日都知事の護衛にあたるが、地下鉄と高速が交差する地点に爆弾が仕掛けられる。
あわやの所で運良くコナンが怪しい人影を目にし、機転を利かせ最悪の事態は免れた。
だが、なぜ都知事が狙われたのか? コナンは都知事になる以前に彼が関わったダム建設に目を付け、ちょうどそこで式典が催されることを知り、アガサ博士や少年探偵団となぜか蘭や園子、そして小五郎と共に目的を隠したまま新潟県のある村を訪ねるが・・・。

いつもの通りコナンの読みは当たり、関連した事件が起きる訳なんですが、その事件といい地下鉄爆破やダム爆破なんて派手なことする割に単独犯だったり (しかも、もとから組織的な背景を考えていなかったような) 、動機がもうほんとそんなことでか? みたいな話で、やっぱりマンガだなと思いながらも面白かったです。
ただ、八年間眠っていた男の子の今後とか、マンガにしては気が重くなることがつらかったですけども、今年もコナンがとにかく超人的な働きをしてすごかったです。 オリンピック出ろよ・・・
そして今年も蘭の一途さにはキュンキュンきちゃいましたので、いろいろつっこみたいけど、まあいいか。 なんちゃって。

28bbd67f067c93851ac018a90913e7ee.jpg

小中高の学生さんで満員の中、歓声があがったりして観ていてワクワクしたのも良かったです。
今年も書きますが、お子様から大人まで、世界中がコナン大好き。
台湾では毎日二回テレビでやってました。
私ももちろん好きです。
来年はどうなるのかなあー。
星一つ半ですね。

しかし今年は地震から食中毒、さらにはビンラディン殺害と衝撃的なことばかりですね。
特にビンラディンはびっくりしたな。 裁判くらいやるかと思っていたので。
窪塚洋介じゃないけど、頭突きに頭突きで返したら争いは一生終わらないような。
ここはオバマさんにイーストウッド (グラントリノの) になってもらうしかないような・・・。

ではまたー

『名探偵コナン 沈黙の15分 (クォーター) 1・5★

スポンサーサイト
[2011/05/06 20:32 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/66-1ff59d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。