スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
なんと
先週話題に挙げた『AKIRA』リメイクの件で、キアヌが金田役のオファーを断ったそうです。
いやあ、まさかキアヌがこのブログを読んでいるとは・・・。
とは思いませんが、やっぱりぜひアジアキャストでお願いしたいですね。
いよいよ浅野忠信もハリウッドデビューし、これからはもっともっとアジアで主役を張れる人材が出てくると思うんですよね。

ということで、
これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫
浅野忠信最新作ですよ。

いろいろ考えて書くのが遅くなりましたが、もたもたしてると『乱暴と待機』みたいに書けなくなるので、やっぱり書こうと思いました。
題名にもあるように、昭和の天才漫画家・赤塚不二夫の破天荒な生き方を、彼と35年つきあった小学館の編集者が綴った思い出を原作として、編集者を少女漫画大好きな女子に置き換えての映画化です。

korede-iinoda-eiga-akatsuka-fujio-japanese-movie-01.jpg

結論から言うと、面白くありません。

製作に入る前に浅野忠信は、「赤塚不二夫がすごく好きだったので、自分が彼を演じることができて嬉しかった」と言っていましたが、できた後、「これでいいのだ!」じゃなく、「これでいいのか?」と常に考えさせられたと産みの苦しみを述べていました。 確かに・・・。
ギャグも話題の歌唱シーンもすべて中途半端で、半分過ぎるとしんどくなります。
でも、赤塚不二夫が『天才バカボン』や『おそ松くん』とかを描いていた時代、学生運動で社会が非常にあわただしくなったり、運動が下火になるにつれて世の中に漂うシラケムードとか、その時その時で読者の趣味趣向が変わっていく移り変わりの激しさみたいなものに、人気商売も大変だなと思わされました。
自分の描きたいものと読者が読みたいものが合致していた時が長かったのかな、とも感じたんですが、それが天才なのかも。
最後に、読者が読みたいものじゃなくて、自分の描きたいものを描いて、それを読者にこういうのが読みたかったと思わせたいという試みを、いじらしい編集者の恋心(?)の後押しでやるという、イチかバチかみたいなのはすごく良かったです。
雑だけど、破滅の美学です。

しかし、このつまんない映画で特筆すべきは思想とかそんなことではなく、編集者を演じた堀北真希の愛らしさです。
あんなかわいらしい子が、本当に楽しそうに笑いながらバカになったり、「先生の三番目でいいです」と頬を染めながら、恩師赤塚不二夫を立ち直らせようと発奮する健気さ。
箸にも棒にも引っかからない映画でしたが、堀北真希が映っているだけで幸せになれる映画でした。

korede_main.jpg

人生において師匠と思える人に出会えることは、幸せなことだなと改めて思い、また私の師匠のことも思い出させてくれました。
ありがとう。
でも星ひとつです★

ではまた

『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』 ★

スポンサーサイト
[2011/05/20 10:11 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/68-7440e3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。