スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
星守る犬
いきなり寒いのでびっくりしましたが、自然ていうのは手加減しないものだなとつくづく思います。
すごい災害を引き起こしても、暑さも台風もまた直後の寒さが厳しかったように、冬もいつも通りやってくるんだなと。

星守る犬
「ナマケモノは見ていた」 の村上たかしが漫画アクション誌に不定期連載していた同名漫画の映画化です。
漫画アクションは青年漫画雑誌の元祖とも称される雑誌なだけあって、よく見るとかなりハイレベルな漫画家が興味深い作品を発表している雑誌ですね。
「ルパン三世」
「クレヨンしんちゃん」
「鈴木先生」
「極道めし」
「大阪ハムレット」
「鎌倉ものがたり」
などなど、すごいでしょ?
私は村上たかしが連載してる時に全部読んでいたのではなく、たまたまコミックを読んで漫画喫茶で号泣したにわか口なんで、しかしだからこそ今回の映画化には並々ならぬ期待を寄せていたんですが、映画はあまり泣けなかったですね。
なぜかな。

E784A1E9A18CE6989FE5AE88E78AACE698A0E794BB.gif

夏の暑い日に北海道のキャンプ場近くの森に放置されていたワゴン車。
その中で身元不明の男性とその飼い犬が死んでしばらく経った状態で発見された。
ナンバーは外され車体番号も削られ、身元を示すものもないことから、男性は死を覚悟していたものと思われたが、不思議なことに男性と犬は死亡時期がずれており、どうやら犬は飼い主が亡くなった後も逃げずにそのそばにいたようだった。
そのことに心を打たれた市の職員が、残されたレシートと領収書をたどり (どうやら本州から北上してきたよう) 、身元調査に乗り出すが・・・。

職員が玉山鉄二で身元不明の男性・おじさんが西田敏行。
探す玉鉄を軸に、彼が見つけていくおじさんの断片と、おじさんの旅の途中が挟み込まれるんですが、観ている私たちが知るおじさんの情報の半分ほどしか玉鉄はわからないのに、どうしてあの心境にたどり着けるのかがわからない。
旅の道連れになる川島海荷の恥ずかしい存在感もあいまってか、結局「人が死ぬ」ということが他人に与える衝撃を、「感動」とごっちゃにした、よくある映画になっていました。
残念。
平井堅もそろそろ歌う映画の内容を考えた方がいいと思う。
今のままだと彼が主題歌を歌うと、必ず人が死ぬみたいなことになりかねない。

家族から捨てられたおじさんと、元捨て犬だったハッピーがあてのない旅の途中人に裏切られたり (しかも子供に) 、おじさんが元妻や娘に会いに行ったり (結局会うのをやめた) 、世間からどんどん遠くなっていくにつれ、おじさんとハッピーの絆が深まり、またおじさんの人生の終わりも見えてきてしまうこの辛さ。
そこに付け加えた感のある玉鉄や海荷ちゃんの人物設定の軽さが、西田敏行と犬のパートを邪魔しています。

photo_2.jpg

泣いている人もいましたが、確かにわんちゃんのいじらしいほどのおじさんへの愛には泣けます。
星一つ★

村上たかしが描いた、奥さんと彼のエッセイ漫画もまた良くて、妊娠した奥さんとこれから家族が増えることに不安な村上たかしのエピソードも号泣するほどいいんですが、機会があったらぜひ読んでほしいですね。
と言って、別に村上たかしは号泣漫画ばかり描いてないですよ。 あしからず!

ではまた~

「星守る犬」 ★

スポンサーサイト
[2011/07/21 20:39 ] | 映画 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://zunkolovecome.blog48.fc2.com/tb.php/73-1eb2517a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。